縛りなしWiFiで後悔?…契約する前に知っておくべき悪い口コミと注意点!

縛りなしWiFiの評判を口コミから検証!

こんにちは、今日は縛りなしWiFiで後悔しないための情報を、お届けしたいと思います。

縛りなしWiFiを契約しようかどうか検討中の方は、どうぞ参考にしてください。

★☆★ 縛りなしWiFiとは? ★☆★

インターネットに接続するためには、デジタル通信回線と契約しなければなりませんが、その方法のひとつにWiFiによるサービスがあります。

WiFiは家庭でも使われる無線LANですが、これを屋外でも利用できるようにしたものです。

メリットとしては、キャリアのデジタル通信と比べて通信費が安価であるにもかかわらず、速度面においては、通常のインターネットを利用するには問題ないというところにあります。

安く済むので、通信料金を節約する目的として契約するという人が大多数です。

ただ、WiFiもキャリアのデジタル通信と同様に、縛り契約としているものが多く見られます。

そもそも縛り契約とは、一定期間、契約をしてくれることを前提に料金を安くするというもので、上手く使えばお得ですが、その契約期間内に解約をする場合には、違約金を支払わなければなりません。

違約金の金額は、契約してからの期間が近ければ近いほど高額になります。

たいていの縛りの期間は2年から3年ですから、いずれも長期間となります。

このような縛りをなくしたサービスを提供しているのが、縛りなしWiFiなのです。

縛りなしWiFiはその名の通り、

・契約期間なし!

・違約金なし!

・月額料金を支払うだけで使える!

といった特徴があります。

この縛りなしWiFiは、東京都大田区にある「株式会社クーペックス」が提供していて、独自のインフラがあるわけではなく、ソフトバンクやWiMAXなどの既存の通信回線を提供している事業者から、回線枠を買い上げて小売をしています。

つまり格安スマートフォンや格安SIMのWiFi版のようなものと言ってよいでしょう。

通信速度は端末によって異なりますが、150Mbpsから612Mbpsで、通信量制限はソフトバンクで1日3GB、WiMAXで3日で10GBに設定されており、制限時の速度はソフトバンクが128kbpsですがWiMAXは1Mbpsになっています。

縛りなしWiFiのメリットはやはり月額料金を支払うだけで良いというもので、端末がセットになった料金で利用できます。

縛りなしWiFiは既存のインフラを利用しているので、ソフトバンクまたはWiMAXの通信エリアであれば全国どこでも利用することができ、また特殊な契約も不要ですから、簡単にインターネットに接続サービスを月額料金だけで手に入れることができます。

★☆★ 縛りなしWiFiの料金とプラン! ★☆★

 


縛りなしWiFiには2つのプランが用意されています。

「縛りなしプラン」月額3,300円(税抜)

「縛っちゃうプラン」月額2,800円(税抜)

この料金は業界最安値の水準にあり、単純に安く利用したいといった場合には、とても魅力的なプランと思うことでしょう。


≪縛りなしプラン≫

縛りなしWiFiの「縛りなしプラン」は、初期費用、無料期間、契約期間、契約解除料ともに発生しません。

送料も無料で、注文をすれば即日で端末が発送されます。

ただし注意しなければならないのは、端末に対する扱いです。

端末はレンタルという形になるため、契約解除時には返却しなければなりません。

この時に端末を紛失したり、利用者が原因によって故障や水没などをした場合には弁済金として39,800円(税抜)が発生するため、屋外での利用を想定した場合には注意が必要です。

この弁済金を完全に無くすことはできませんが、月額500円(税抜)の安心サポートプランを追加すれば補償金を10,000円(税抜)に減額することができます。

ただこの安心サポートプランは、契約時にしか加入することができませんので、しっかり頭に入れておいてください。

なお、「縛りなしプラン」の最低契約は1ヶ月間で、契約日から1ヶ月目以内での解約することはできません。


≪縛っちゃうプラン≫

一方で縛りなしWiFiの「縛っちゃうプラン」に関しては、3年間の契約期間があり、購入日から36ヶ月の縛りとなります。

また37ヶ月目に解約手続きをしないと、自動更新となるのでしっかり覚えておく必要があります。

「縛っちゃうプラン」そのものは初期費用、無料期間などは発生しません。

送料も無料で利用することができますが、端末が601HWシリーズに限定されます。

契約期間内に解除しようとした場合には、契約解除料が15,000円(税抜)が発生し、さらに契約残り月数に1,200円をかけた端末代が発生します。

これは「縛っちゃうプラン」では端末が買取になるためで、もし端末紛失・故障水没をしても弁済金は発生しません。

「縛っちゃうプラン」でも、縛りなしWiFiの安心サポートプランに加入が可能で、この場合には故障や水没などによって失われた場合には中古端末ですが無料での交換が可能です。

月額料金2,800円ですから、3年間は利用するのであれば、こちらのプランがお得といえます。

また共通のオプションでモバイルバッテリーを月額300円(税抜)で、利用することができますが、こちらも端末契約時のみの加入になります。

★☆★ 他社のプランと比較した場合の縛りなしWiFiのメリット! ★☆★

 


縛りなしWiFiの特徴としては、同業の他の会社と比べて料金が業界最安値の水準にあり、「縛っちゃうプラン」では通信制限が無いのに月額2,800円(税抜)だけで利用することができるという点が挙げれます。

また「縛りなしプラン」でも月額3,300円(税抜)は、同条件下にあるサービスと比べても、安く利用することができるのも大きな魅力といえます。

このあたりはライバル会社が、月間通信量の制限なしの場合、ほぼ同一で4,380円となっているので、どれだけ通信費を節約することができるかお判りだと思います。

また発送にかかる時間も短く、即日または翌日には端末が発送され、到着後すぐに使うことができます。

他の会社が、申し込みから2営業日以内が一般的で、到着までには数日かかりますが、縛りなしWiFiでは最短で翌日から利用することが可能で、この点は大きな違いといえます。

また一般的なWiFiサービスでは、多くは年式が古くなったものや、もともと廉価なシリーズが提供されるものですが、縛りなしWiFiでは、端末が選べないとはいえ、最新のWX05や603HWといった機種が利用できるのも魅力です。

この理由としては、やはり機種を限定することで費用を抑えるというもので、その点がデメリットでもありメリットになります。

ただ、やはり他社との最大の違いは、縛りのないプランがあるということでしょう。

「縛りなしプラン」であれば、最短1ヶ月だけ利用するということもできますし、たいていの場合には3年間縛りとなりますが、それよりも短い期間で解約する可能性がある場合には、縛りなしWiFiは非常に有利になります。

そもそも縛りなしでも月額料金が安いですから、ともかくWiFiを短期間だけ利用したいといった場合は、魅力いっぱいと言えるでしょう。

それに縛りなしWiFiでは、初期費用が掛かりません。

他社ではキャンペーンなどで割引を受けられるといったケースもありますが、キャンペーンは定期的に行われているわけではありませんから、タイミングがマッチしないことも多くあります。

初期費用としては、他社では数千円から1万円前後とさまざまですが、サービスが良さそうでも初期費用が高すぎる場合には、それだけ負担が大きくなるものです。

その点縛りなしWiFiは初期費用がかかりませんから、加入するタイミングに迷う必要はなく、いつでも好きなタイミングで、業界最安値のWiFiサービスを利用することができるメリットがあります。

★☆★ 縛りなしWiFiの評判を口コミから検証 ★☆★

実際に縛りなしWiFiを利用する前に、口コミも参考にすると良いといえます。

良い口コミも悪い口コミも、それぞれに縛りなしWiFiが抱えている問題点を知ることができますし、そのデメリットを理解することで、メリットも知ることができます。

また、ご自身がこのサービスの利用に適しているかも知ることができます。


■縛りなしWiFiの良い口コミ!

良い口コミの大半は、やはり料金面です。

月額3,300円(税抜)は、同業の業界内では最安値水準にありますから、単純に費用を抑えたいといった場合には縛りなしWiFiが選択肢になります。

それに縛り期間がありませんから、いつでも解約できる、手数料もかからないといったことが良い口コミで評価されていました。

一方で縛りなしWiFiは既存の回線を小売りするという形ですから、通信環境に関しては賛否が分かれています。

良い条件の場合には通信速度も速いので、安定して利用できるという口コミが多く見られました。

特にWiMAXの場合には、3日で10GBですし制限を受けたとしても1Mbpsですから、余裕を持って利用出来る点が評価されています。

WiFiサービスでは、通信速度の制限が厳しいものの通信速度が速い回線か通信速度の制限が緩やかでも通信速度が遅いという種類に分かれますが、縛りなしWiFiでは通信速度が安定し、また制限にも余裕があるといった点が高い評価となっていました。


■縛りなしWiFiの悪い口コミ!

一方、悪い口コミで多く見られたのは、速度制限に関するものです。

実際のところ、通信回線がWiMAXの3日で10GBやソフトバンクの1日で1GBというのは、WiFiサービス業界では極めて低い水準にあります。

この点でヘビーユーザーからはあまり縛りなしWiFiは良い評価を受けておらず、悪い口コミとして見られました。

ただこの点は、ユーザーの使い方次第といったところと言えます。

縛りなしWiFiの良いと言われているモノやサービスには、必ずユーザーがどこに視点を置くかによって、良い面として評価されたり、悪い面として評価されるものです。

一方で縛りなしWiFiの悪い口コミで将来的なリスクという考え方で書き込まれているのが、サポート対応が悪いことや、破損時の弁償代などです。

基本的にトラブルがなければ、これらは問題にはなりませんが、端末が破損した場合には多額の出費が必要になることを嫌う人もいます。

また端末は在庫限りですから即日契約が出来たとしても、望む機種に在庫がなければそれを選ぶことができません。

この点も、安いからそこの部分は我慢しようという風にならない人たちもいるということです。

このような事から、使用頻度の多い人や、こだわりを持って端末を購入したいといった層からの口コミでは、縛りなしWiFiの評価が分かれる結果となっていました。

◆◇◆ 縛りなしWiFiを選ぶ時の注意点! ◆◇◆

縛りなしWiFiをおすすめできない人としては、過度のサポート対応を要求したい人や、クレジットカードがないこと、1日から利用できるWiFiサービスを探している人達です。

サポート対応に関しては、トラブルがなければ大きな問題とはなりませんが、トラブルが起こると、ご自身で解決する必要があります。

若い人であれば難なく解決することであっても、お年寄りでは無理なことがあるでしょう。

ですので、いくら安いからと言って、安易に年配の方々に薦めるのは考え物であります。

それと契約するためにはクレジットカードが必要ですから、クレジットカードを持っていない人はそもそも利用することができません。

また縛りが無いとは言いますが、最低1ヶ月間は解約できませんので、1日単位といった長短期での利用にも向いていません。

一方縛りなしWiFiのメリットは、なんと言ってもその料金が安いということで、初期費用不要で申し込みをしただけで利用することができますし、それに縛りがナシで契約することができるので、短期間での利用ができます。

一方で料金や縛りがない以外の面では、ペナルティなどに関する内容を、よく理解しておかなければ思わぬ出費となるため注意が必要です。

縛りなしWiFiを利用することにメリットがある人は、月額料金をともかく抑えたいケースといえます。 また月額料金が安くなるからといって、ヘビーな使い方をすると通信制限を受けることになるため、比較的ライトな使い方をすることも条件です。

料金面でのメリットは縛り期間を設定することにより、より安くなるのでやはり月額料金の支払いを抑えたい人に縛りなしWiFiは向いているサービスといえます。

それと最新端末の利用にも力を入れているので、新しい機種が使える可能性もあると言えます。

このようなことから、ライトユーザー向けには、非常に強みのあるサービス内容になっています。


永年月額3,300円の縛りなしWiFiの詳細・お申し込みはコチラ



■LINK■